スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生

DH000004v.jpg


小説というと、どちらかというと古典文学が好きで、中でも夏目漱石は

読みやすくて気に入った作品も何冊かある。


いまどき漱石の話をできる友人はあまりいないわけだが、

この人だけは別である。

なんたって、全作品を読破し、漱石を先生を呼ぶ強者だ。


ある日、僕は「坊ちゃん」が一番好きだという話をしたら、

あれは先生の作品の中では異端であり、

あーたは漱石好きを語る資格はないと一蹴された。


密かに作品を読み直して、反撃するつもりだ。
スポンサーサイト
プロフィール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。