スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナライツカ

DH000016a.jpg

「人間は死ぬとき、愛された事を思い出すヒトと
 愛した事を思い出すヒトに別れる」

「私はきっと愛したことを思い出す」


愛したことを思い出すほうなのか
愛されたことを思い出すほうなのか

考えれば考えるほど解らない。
きっとまだ幼いのでしょう。

Trackback

Trackback URL
http://nanosnap.blog5.fc2.com/tb.php/32-f88d10ef

Comment

MIU* | URL | 2011.03.06 21:37
こんばんは。
辻仁成ですね*
私だったらどっちだろ~と考えてしまいました^^
さっこ | URL | 2011.03.07 01:23
だいすきです。

どんなに愛されていても幸福を信じてはならない
どんなに愛しても決して愛しすぎてはならない


せつなすぎる。。。



私は愛されたことを思い出したい
sugar | URL | 2011.03.08 00:44 | Edit
とみぃさんに言われてから、
このことばっかり考えてますー。
でも、答えは見つからない><

むずかしすぎます。
tommy | URL | 2011.03.18 22:03
>MIU*さん
こんばんは
そうです。僕は映画で見たんですが。。
考えてもわからんなー 笑
tommy | URL | 2011.03.18 22:07
>さっこ

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい
愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある

せつないけど、なんかグッとくる。
tommy | URL | 2011.03.18 22:09
>sugarさん

一度、詩を読んでみると良いかも。

なんとなく、
女性は愛された事を、
男性は愛した事を思い出す
ような気がする。
さっこ | URL | 2011.03.22 19:26
いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい


これは共感した。
そして、いつもサヨナラを準備してるつもり。
Comment Form
公開設定

プロフィール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。